TOPへ
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
  2月28日

戦争が起きてしまうとは。

正直、ここまでの事態になるとは思わなかった。

1つの国が蹂躙されるのを、

世界中が見てるだけしかないのかと思いきや、

色々と状況が動いている。

こういう時、無責任にいい加減な発言をするのはよろしくないので、

とりあえず事態の早期収束を願うに留めよう。

こんな時でも、のんきにしていられる日本の有り難さといったらないな。

世界中が固唾をのんで戦況を見守っていたであろうこの週末、

我輩は、長野→新潟→南伊豆と遊びまわって、

クタクタになってしまったのであった。

何たる平和な週末であろうか。

ありがたいことよ。

この週末は、長崎を押さえていたのだが、

肝心の土曜の夕方の天気がイマイチそうな予報。

日本全国、気温が高く、雪も見込めない。

木曜の夜、天気予報を見渡すと、

土曜日、長野と新潟の県境が快晴である。

むむ?と、調査の上、上越方面へ繰り出すことに決めた。

朝から出発するのではなく、夜中から現地調査を行いたい。

というわけで、金曜日の「かがやき」に飛び乗って、

長野でレンタカーする事に決めた。

雪は思ったより溶けていて、路盤がしっかり見えている。

しかし、信濃町を過ぎると、

道路脇にそびえ立つ雪壁がいっそう高くなり、

さすがは上越、という雪の量。

そういえば、週の中頃に降ってたような気がするな。

今回の目標は、片貝の俯瞰地。

年明けから、何度か写真を見て、

一度行ってみたいと思ってたのよね。

ただ、集落の中に車を停めるのは、

地元の方のご迷惑になるので、

夜中のうちにロケハンし、小一時間ほど離れた所に車を置いて、

歩いて行くことにした。

撮ろうと思えば、夜明けから撮れそうではあったものの、

さすがに待機時間が長すぎるので、

夜が明けてから、カンジキを履いて、ハイキング。

ここへ来るまでにそこそこ歩いていたことに加えて、荷物が重い。

北海道のカンジキハイキングは、相当荷物を減らしているので、

レンズもそうだし、三脚も持ってで、かなり疲れた。

で、撮ったのはコレ。

妙高山だけでなく、黒姫山までしっかり見えて、良い感じ。

上下が緩いので、16:9がベストだな。

望遠で撮ったのはピントが甘かったので、望遠切りはトリミング。

こういう時に高画素機は助かるわ。

本当はもう少し引いて撮りたかったけど、

ここより電車が進んでくると、線路脇の雪で下が埋もれてしまうのだよ。

なかなか難しかったな。

建物を入れて撮るのが嫌な人はいるかもしれないが、

我輩はコレで良いのだよ。

で、また車まで遥々徒歩。

まあでも、警察が取り締まりに来たりとか、

そういう不安を抱えながら撮るよりは、

健康的な撮影をこそ、我輩は志向するのだよ。

その後、何ヶ所が快晴の中で撮って、

最後に撮った雪月花が、非常にお気に入りである。

さて、翌日も快晴なら撮りたいが、夜からの予報は曇り。

北陸にかけて、雪ではなく雨。

これはもう長野にいるメリットがないと判断し、予定を早めて帰京。

日曜日は、南伊豆へ、

河津桜を撮りに行くことにした。

朝一番で、前回失敗した四季島を撮って、

小田急を撮ってから、去年同様伊東に停めて、後は電車。

去年は踊り子号の185系がラストってことで、

撮り鉄が殺到したが、今年はそこまででも無かろうと行ってみたら、

まぁ数人いる程度だった。

しかし、場所が限られていたので、確保して1時間半待機。

今年はサフィール踊り子号を撮ってきた。

ベスポジは我輩が押さえてしまっていたのでね、

数人の方、残念でしたね。


その後、下田まで行って、金目鯛を食って帰ってきたわけだが、

帰りは渋滞がエグ過ぎた。

こういう行楽シーズンは、小田原以南に車で行っちゃダメだな。

熱海から根府川まで2時間も掛ったわアホらしい。

東京の人は、本当に伊豆が好きだねぇ。

撮り鉄で培った脇道ノウハウを生かして帰ってきてこれだから、

馬鹿正直に渋滞の中にいたら、もっと掛ったであろう。

全くバカバカしいほどに疲れてしまったわい。

来週はどうしましょうかねぇ。

もう一発、寒波が来てくれませんかねぇ。

結構雪が降ってるけど、我輩の行きたいところに降ってないんだなあ。

花粉で鼻水が厳しいので、やっぱり東北に行きたいねぇ。


2月20日

やあどうも。

冬季五輪が終わってしまったらしい。

見た?

我輩は、フィギュアスケートの女子だけ見た。

ロシアのトップ選手。

あんな幼い子供が、

世界中の見ている前でボロボロになっていく様は、

見るに堪えなかったな。

曲が勇ましい曲調のボレロで、それがさらに何とも・・・。

不参加にさせてあげれば良かったというのは、

部外者の見立てであって、本人はどうだったのだろうか。

とにかく可哀想だったね。

そこは守ってあげれば良かったかもしれないな。

しかし、その後の、コーチが厳しく叱責したことについて、

世間がゴチャゴチャ言っているようだが、

これから彼らはドーピングに反論をしていくだろうし、

一応認められて出場するのだから、

実力を発揮してもらいたいと思うのがコーチ。

しっかり滑りなさい、という事なんだろう。

あの少女は、その前にボロボロになってて、

より可哀想なシーンになってしまったのではあるが、

それとコーチの発言は、別の話。

世界のトップで戦う人たちを、

テレビやヤフーニュースを見て寝てるだけの人間と同じような、

甘え倒した世界の基準で計ろうということ自体が、

大きな勘違いだと、我輩は思ったね。

そういう中でやってきたからこそ、

あの舞台に立てたわけだし、

可哀想だのなんだの、それだけでは通用しない世界があるわな。

特に、この大会だけで終わらせてしまうのでなければ。

いずれにしても、仮にドーピングがなんだとして、

競技以外に滑る世界だってあるわけで、

あの少女の才能が、この一件で埋もれてしまわないことを、

陰ながら応援させていただこう。

ま、我輩は後者の甘え倒した世界で生きていきたい。

とにかく甘えていきますので、よろしくな偽スナフキンである。

どうやら、身長170cmない男には、人権が無いらしい。

知らかなった。

今の世の中、ああいう迂闊な発言で、色んなモノを失いますな。

我輩もクチが悪いので、気を付けなければ。

で、この週末は、

もう恒例となってしまった「はやぶさ43号」キャンセルでスタート。

どこも天気がイマイチそうだったので、全休。

金曜日の夜、前日の日本選手金メダル獲得でスカイツリーが、

金メダル仕様の照明をするようだったので、仕事終わりに撮ってきた。

首都圏勤務の役得というやつだな。

土曜日、日曜日ともに天気が悪く、

偕楽園などの梅も、最近の寒さで開花はイマイチ。

日曜日はワンチャンス甲府へ行ってみようかとも思ったが、

結局全部止めて、家でスケジュール帳の入れ替えとかをやってた。

やっぱり紙だよなぁ。

モンブランとかの替え芯に、電子手帳用の細ペンが出来たら、

電子化しても良いけど、基本的には書きたい派の我輩である。

夕方、ラーメンを食いに行ったら、

「無料でPCR検査やってまーす」と呼び込みをやっていたな。

そりゃあ感染者数が増えるはずですわ。

こういうことでしょ。

それよりも、我輩はこの数字のカウント自体信用していないのですけど。

だって・・・きちんとカウントされてないと思うので。

全く。

さ、今週は試験もあるし、水曜日の休みに遠征する可能性もある。

こういう金を貯める週末も、たまには必要ですわな。

以上。


2月14日

どうも。

オリンピックが盛り上がってますな。

競技結果よりも、他のことで。

我輩は全く見てもいないので、よく分かってないが。

年を取ると、人のことに興味が無くなってくるのであろうな。

自分のことで忙しすぎる。

大事なのは、オリンピックのメダルの数より、

自分のナイスカットの数ですわ。

さて2/10は、毎年恒例、上桧木内の紙風船上げの日だったわけで、

早々に有給を指定して、4連休と洒落込むつもりだったのに、中止。

クソコロナめ。

どこの天気もイマイチで、

有給取るのは止めようかなと直前まで迷ったが、

もうめんどくさくなって、予定通りに取得した。

4連休とくれば、大概北海道へ行ってしまう我輩。

しかし、道北は降雪が少なそう。

道東のSLは故障。

流氷だけの話なら、もう随分と撮り尽くした感もある。

青森・秋田も雪のない曇天となりそうな予感。

というわけで、9日のはやぶさ43号をキャンセルし、

全くのノープランで4連休に突入してしまった。

こんなにノープランな有給連休は、全く記憶にないな。

連休初日、やっぱり会社へ行こうかなとも思ったが、

あんまりメチャクチャやると、怒られてしまうので、大人しく寝た。

東京は大雪だと前夜からマスゴミが煽り倒していたので、

せっかくだから、雪景色の東京を撮ろうかね・・・と、思ったら、

全く降りゃあせん。

昼を過ぎても全く雨。

夕方になって、ようやくシャーベット感が出てきたので、

慌てて東京駅へ行ったら、東京駅は雨。

それでも、せっかく一日待ったわけだから、何か撮らねばと待機して、

まぁ何とか雪っぽくは撮れた。

↑フラッシュはこれぐらいで良いのよ。無駄にピカピカさせるのはNGだ。

全然積もらないじゃないかクソが。

と、思ったら、我輩の家の近所は、しっかり積もった。

ココは良いんだよ
積もらなくて!!

(# ゚Д゚)

翌朝は、富士吉田が快晴になりそうで、

富士急行を撮り直しに行こうかなと悩みに悩んだ末に、

2020年ほどのモノはもう撮れまい、ということで、帰宅して爆睡。

早朝の「あずさ」から「しなの」に乗り継いで、

奈良井へ行き、そのあと名古屋へ出て、

じいちゃんばあちゃんのお参りをすることに決めた。

翌朝、あずさ5号で塩尻へ向かう。

途中爆睡をして、ふと目が覚めたら、

八ヶ岳や南アルプスの山々が、冬晴れの空に映えている。

これは、奈良井へ行っている場合ではない。

小淵沢を過ぎたところでレンタカー屋へ電話して車を確保し、

茅野で下車。
↑我輩の強みは、この行動力よね。

甲府までとって返したら、雲が出始めてきた。

↑右下を走っているのだけど、ゴチャゴチャして見にくいな。

フンヌーーーッ!!!

しかし、もはや今日はここで撮りきるんだと決めた。

あずさが来る度に雲が出て、なかなかに手間取ったが、

結果的に夕焼けの良いのが撮れた。

翌日も昼間ではもちそうで、後ろ髪を引かれつつ、

最終のしなので名古屋へ。

カーシェアで深夜撮影を敢行し、

早朝にじいちゃんばあちゃんのお参りを済ませたら、

写欲が湧かないので、中京地区の乗り鉄をすることにした。

南紀→ひだと乗り継いで、名鉄のパノラマスーパーに乗って、

そのまま鈍行で東京へ帰ることにした。

静岡の長さにウンザリしながらも、最後は小田原から小田急のVSE。

ここはミュンヘンか!?

お洒落な駅に、VSEのカッコイイ姿に、

まるでドイツかと見紛うばかりであった。

あードイツ行きたいイングランド行きたいフランス行きたい。

日本ばかりのお休みにはもうウンザリだ。

新宿まで乗って、約9時間かけて帰宅。

疲れた。

今日も、やりたい事がなく、

水戸の偕楽園の梅はまだまだ開花前。

となれば、やる事がない。

結局ダラダラと乗り鉄して終わった。

まぁ無駄な4連休になってしまったとはいえ、

最終日を除けば、1日1カットの写真は撮れたのか。

最近は、遠出をしてもコンビニで寝てることが多いからな。

どこでダラダラするかの違いであって、

まぁお金が貯まった休みだったと言えるかもしれない。

もうそろそろ、中途半端なカットは撮る気がしない。

遠出するなら、しっかり着雪してたり、

豪雪でもないと、行ってもやる気が無くなって、

コンビニで長時間粘ってしまう。

そろそろ、東京都内で撮影しても良いかもしれない頃合いか。


2月8日

ども。

知らないうちにオリンピックが始まっていた。

この間終わったばかりだと思ったのに。

世の中の時間の流れの速さに、驚くばかりだわ。

もうそろそろ2月も中旬。

となれば、雪景色を見られるのもあと僅かになってしまうのか。

また年末まで見られなくなってしまうのだから、

チャンスは逃さないようにしたいものである。

さて、この週末は、北陸に今年一番の寒波がやってくるというので、

福井へ行ってきた。

目的は、えちぜん鉄道と福井鉄道のラッセル車である。

そう、今年の正月に空振りをして、無念に終わった分の再履修である。

土曜日の朝から降りそうだという予報の下、

予約していた函館、秋田行きの新幹線をキャンセルして、

金沢経由で福井へと向かった。

カーシェアリングで車を確保し、

まずはえちぜん鉄道のラッセルを狙いに勝山へ。
↑福井から山の中に向かっていった方にある。

しかし、思ったほど雪が降らない。

朝まで頑張って寝ながら起きていたのだけど、結局ラッセル車は来ず。

一旦車を返して、レンタカーにチェンジ。

全然雪は降らないし、天気はむしろ良くなっていく。

何たる太陽王パワー・・・。

これは困った。

さすがに何も撮らずに土曜日が半日終わってしまって、焦り始めた我輩。

再び勝山方面へ車を走らせると、こちらの方はそこそこに降ってきた。

道端で、カメラを構えている人がチラホラ。

・・・これはラッセルが来るか???

我輩、こういう情報ネットワークを全く持っていないので、

ほとんど自力で調査が必要。

足を使うので、非常に疲れてしまうわけだが、仕方がない。

で、適当に走らせているうちに、勝山に着いてしまった。

何となくカメラを持っている人がいるから、ラッセルが来るのだろうと信じて、

駐車場に車を停めて、ダラッとしたところ、踏切が鳴り始めた。

お、ダイヤに無い電車ということはラッセルか、

と思いきや、思わぬ方向から走り去るラッセル。

福井市内に帰る向きかよ!!

慌てて追いかけて、何カットか撮ることが出来た。



雪の跳ね飛ばしは少々物足りないが、

いや~、福井まで来たのが無駄足にならなくて良かったよ。

福井市内に戻って、しばらく撮影し、夜を待つ。

そして、少し閃いた永平寺口駅で何カットか撮影し、福井市内へ。


↑コレは良いんじゃない??

今夜の降り次第で、もう片方の除雪も撮りたいところ。

深夜もえちぜん鉄道のラッセルは動くことが確実だったが、

深夜帯は福井鉄道に賭けることに決めた。

で、何度も何度もパトロールをし、ロケハンをし、

ここだ!と決めて何時間も待ったのに、結局動かず。

↑こんなのが来るハズじゃなかった・・・。

体力を消耗しただけだった。

おーまいが・・・。

すっかり眠くなってしまって、且つ日曜日の天気もイマイチ。

降るなら降ってくれよ!!

降ったり止んだりで、全然しっかり降ってくれない。

もはや疲れ果ててしまって、勝山へ行く途中の駅でグッタリ。

もう諦めて早めに東京へ帰ろうかなと車を動かしたところ、

昨日と同じくカメラを持っている人がいる。

もしかしたら、また来るのかな?と思い、

昨日の時間まで待つことにしたら、どんどん吹雪いてきて、

思いっきり雪を跳ね飛ばしながら、ラッセル車がやって来た。


いや~、待ってて良かった!

思う存分往復を撮って、満足満足。


↑このアングルが一番カッコイイな。

この裏では、福井鉄道のラッセル車も動いたようだが、

我輩はこっちの方が撮りたかったので、コレで良いのだ。

とりあえず、片方でもしっかり終わらせておくことが重要だからな。

ホント、無駄な北陸遠征にならなくて、本当に良かったわい。

さて、今週は3連休。

毎年なら、道東へ行って、SLと丹頂鶴を撮るところだが、

今SLは修理中。

道北も青森も秋田も中途半端。

秋田は今年も紙風船上げが無いので、まぁ良いかな、と思うし、

10日に東京で雪が降るようなので、そっちを撮りますかねぇ。