TOPへ
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
  3月27日

リーマンの皆様、いよいよ期末です。

いかがお過ごしでございましょうか。

もはやモチベーションが底の我輩は、

毎日毎日、金曜の夜が来るのを待っている。

コレが無かったらと思うと、ぞっとする。

先日ネット記事で出てたけど、

残業の多い上司は、仕事が趣味になってるってのは、

まさに同感だね。

っていうかさ、それって良い感じの表現にされてるだけで、

仕事って趣味でやるもんじゃねぇし。

勝手な解釈で美しく言ってんじゃねぇと思うね。

無趣味な人って、本当に凄いと思うわ。

ただただ時間が過ぎていくだけの人生ってこと?

我輩には出来ないことだ。

で、そんな忙しい我輩は、金曜日の夜から出陣。

三江線の最後の撮影に行ってきた。

何としても6:07に潮駅にやってくる始発電車に間に合いたくて、

眠い目を擦りながら頑張って走り、そこからずっと撮りまくった。

さすがに撮り鉄さんが沢山来ていて、

追っ掛け撮りは否定しないけども、

沿線を爆走して追っ掛けまわして忙しく撮りまくるってのは、

限度があると思うぞ。

まぁ我輩も1回路駐しててクラクションを鳴らされてしまったけど。

同類と思われたくないから、

走ってる時は、飛ばさずに車間を開けて走ったつもりだ。

撮り鉄ってクズの集まりってわけじゃないので、

そこだけはご理解を賜りたいところである。

今回は、先々週に撮り逃したり、先々週に思いついた撮影をするべく、

かなりポイントを絞って撮影して回った。

その中で、いくつか思うところもあった。

例えば、日曜日。

川平駅で撮ろうと思ったら、

地元のグループホームのおばあちゃんたちが、

手に可愛らしい花を持ってやってきた。

どうやら、やってくる列車に花を振るらしい。

ただ。

それをあざとく撮っても良いのか、と思ったら、きちんと撮れなった。

振られる花に応えて、車掌さんが手を挙げる。

アレはとても美しい光景だったけど、

果たしてきちんと撮るべきだったのかどうかは、今をもって答えは出てない。

列車が去っていったあと、おばあちゃんたちは言ってた。

「来てよかったね~」と。

何だか、撮らなくて良かったかな~と思ってはいるけどな。

何でもかんでも写真に撮って、イイネをもらう今の流行は、

正直好きじゃないヒネクレモノの偽スナフキンである。

それはおいといて、それ以外は、とにかく撮りまくった。

もうこれ以上は撮り残しがないってぐらいに撮った。

最後の最後、日曜日の19:10。

江津本町を出発する日曜日の下り最終列車を見送って、

なんとかその日のうちに、大阪まで帰ってきた。

今週末の31日をもって、三江線は運行を終える。

去年の今頃、初めて三江線へ行ってから1年。

桜の時期に行っていれば、本当に美しい路線だったんだろうなーと思う。

ミーハーだとか、自分の中でハードルを作って、

撮りに行かなかったことを、後悔しておる。

廃線は惜しいことだけども、廃線が決まらなければ、撮りに行かなかった。

色々なことを考えた三江線の撮影だった。

31日は九州へ行くので、三江線へは行かない。

とりあえず、三江線には撮り鉄が何たるかを教わった気がするね。

ありがとうと申し上げたい。

さようなら。


3月18日

花粉症がひどい。

いや、コレは花粉症なのか?

今年初めて飲み薬を飲んで、鼻水は見事に止まったのに、

目が真っ赤。

どうも目薬がダメな気がしてならない。

そして、我が家も。

去年もなんだが、部屋の外より、

中の方が鼻水も目もやられる。

窓を開けてないのに、何でだ?

換気扇が回り続けてる家だから、そこから入り込んでくるんだろうか。

全く分からん。

特に床の近く。

床で寝たりすると死ねる。

これが元でコタツで寝なくなったのは、良いことなのか、何なのか・・・。

とりあえず早く原因を知りたい。

何だか粘着質な涙がとめどなく出てくるのに参ってる偽スナフキンである。

明日絶対医者へ行こう。

で、そんな状態の中、今週末は鹿児島へ行ってきた。

一年半ぶり。

引っ越してきたばかりだし、そんなに近いうちに行ってはキリがないと、

行きたい気持ちを我慢してきたのだが、

菜の花と開聞岳を撮るには、もう最後だろうってことで、行ってきた。

鹿児島へは新幹線。

新幹線は1ヶ月前なら、往復で壱萬伍千圓安くなるカードを持っている我輩は、

先月予約をしてからというもの、とにかく晴れてくれと祈り続けた。

そして、週の頭では曇りと雨だった予報は快晴へ。

自らの太陽王っぷりと、

やはり我輩は鹿児島に縁があるんだ!

と、喜び勇んで始発の「みずほ」に乗り込んだ。

鹿児島には10:00前着。

早速レンタカーを借り、

まずは鹿児島中央駅と新幹線を見下ろし撮りするべく移動。

何でコレ、鹿児島にいる間に撮っておかなかったのか・・・。

超が付く快晴なので、ここでやっておこうと思ったら、風向きを忘れてた・・・。

桜島は見事に灰の中。

チッ、照れ屋さんめ。

しかし、ダメなものは仕方ない。

さっさと切り替えて、指宿へ向かう。

クッソー、鹿児島を走るのに、車がVSじゃないなんて!

軽のトロさにイラつきながら、開聞には昼前に到着。

さて、下りが来る前に、菜の花と開聞岳が撮れる場所を探す。

正直、このあたりの指宿枕崎線沿線に、

菜の花畑がないことは、鹿児島に住んでいた時から知っている。

何度も探したことがあるからな。

しかし、もしかしたら転勤した後の間に、畑が菜の花畑化してるかもしれぬ。

一応探してみるが、大山駅までの間には見つからなかった。

仕方がないので、適当な場所を選んでみたら、

コレがなかなか良い感じではないか。

とりあえず、菜の花に埋もれる感じで撮ってみたら、

思った以上に走っていく列車の姿がよく見える。

やっぱり、一度は走っていく姿を見てみないと、イメージは湧かないわ。

次の下りが来る前に、薬屋で洗眼液と薬を購入。

もう目がエラいことになってきてしまった。

しかし、撮るべきものは撮らねばならん。

昼最後の下りは、完璧に押さえた。

思った以上に上手くいったのではないかな。

上り列車を近くで撮って、枕崎へ。

こんな駅舎だったかな?というぐらい、立派な駅になってて驚いた。

落成時期は、我輩が転勤する前だったな。

知らなかったわ。

そして、枕崎の一つ手前の駅で撮り

松ヶ崎でも撮って、

後は夕焼けに備える

といっても時間が微妙で、本当に来てほしい時間には来ない。

こんなにキレイに焼けているというのに・・・。

残念だ。

日没後の上りと下りを撮って、指宿でラーメンを食い、

西大山駅で待機。

駅舎が暗くなるのを待って、開聞岳の星撮り。

んー、良い感じじゃないか!

ナイスだ。

さらに天の川まで待とうとしてたら、

5:00には駅舎に灯りが点いてしまった。

チッ。

始発が来る頃には曇ってしまった。

残念。

ま、2日も快晴ってのは望みすぎか。

西大山駅の近くで午前中の上りと下りを撮って、

↑チャンスだったので、記念日的な写真も。

最後に「いぶたま」を撮影。

これにて、今回の目的は達した。

鹿児島市内へ戻って、元職場の後輩とバガボンドを食い、

最後はロケハンで人吉まで行ってみたが、

時間がなくて、あまりロケハンにならなかった。

ま、川内から北は、また今度だ。

最後に、しんぷくで万年筆をお買い上げ。

前から一本欲しくて欲しくて悩んでいたのだが、

鹿児島に背中を押してもらった。

安いやつだけどね。

で、泣く泣く鹿児島を後にして、コレを打つ。

はー、鹿児島に帰る家が無いなんて・・・。

何でちゃんと鹿児島で嫁さん探さなかったのだろう。

悔やんでも悔やみきれない。

でも、多分またアッサリ行くで。

思ったよりアッサリ。

去年はとにかく北海道~東北を攻めまくったからな。

今年は西へ向かうで。

首を洗って待ってろーーー!!!

ヽ(゜皿゜)ヽ ガオー!!

新幹線の中でアイスランド旅行記も打ったので、

また来週。

んじゃ。


3月12日

財務省の文書削除問題、なかなか大変なことになりそうだな。

普通、削除があったなんて認めないものな。

ただまぁ何というか、杜撰だと思うのだけど。

こんなに分かりやすい形で明らかになってしまうなんて違和感が。

変な感じがするけどいかがなもんでしょうね。

そして、レスリングのパワハラ問題も。

実態としてどうなのか、当事者間でしか分からないことだし、

周りがどうこう言うのは変な気がするぞ。

ま、日本の社会の構造上の問題として、

パワハラは起こり得るだろうね。

自分がそうならないように気を付けないといけないし、

パワハラマンは、死んでほしいね。

というわけで、偽スナフキンです。

先週から行っている歯医者。

先週型取りした銀歯を埋めてもらってきた。

そして、歯石が相当に溜まっているということで、

ガッツリ歯石を取ってもらった。

まだまだあるそうなので、口の中を4つに分けて、毎週取るらしい。

うーむ、そこまでやってもらわなくても良いのだが、

ただこういう時でないと歯医者なんて行かないし、

せっかくだからやってもらうことになってしまった。

そして、銀歯を埋めてもらったあとで、またしても三江線を撮りに行ってきた。

3月31日で廃止されてしまうので、色々と人が集まっている。

我輩もその一人で、さして縁もないのに、ミーハー野郎が、と言われても、

何と言われようと、撮れる時に撮らねば、撮れなくなるのだから。

ミーハー上等。

どんどん行くぜ。

深夜高速をぶっ飛ばして、早朝に三次に到着。

宇都井駅で下りの一本目を撮り、

午前中の下りを2本押さえてから、

今回は、主に、石見川本から江津間を撮影しに行く。

この区間は日中上り下りで4本しか来ない。

数少ないチャンスを生かすべく、

前回ロケハンをして、狙おうと思っていたところを回ると、梅がチラホラ。

ちょうど7分咲きぐらいの梅があったので、2時間待って撮影。

三江線は、とにかくこの待ちの作業が大変長い。

その間に一所懸命場所とアングルを決めるのだが、コレがまた楽しいんだな。

んで、江津まで行って、撮影。

この区間も、非常に画になるんだなぁ・・・。

知らなかった。

この区間だけでも雪の間に来れば良かったな~、というか、

紅葉の時に来ておけば、もっとキレイだったと思う。

本当に失敗した。

やっぱり何でも自分の目で確認しなければならないね。

夕方、最後の下りを撮って、カレーを食いに行く。

先週あたりから、花粉症があまりに酷くて、

全く鼻で息が出来ず、

2月に食った時には美味しかったカレーは、何の味もニオイもしなかった。

そして、夜、最後に狙っていた撮影をやってみたものの失敗。

夜中も撮れる場所を探し回って、

江の川のすぐ脇にある潮駅で撮影。

駅舎って、意外に夜中でも電気が点いてて、

星と一緒に撮るのって不可能だったりするのよね。

だいぶ探したわ。

そして、ソフトフィルターが装着できるようにリアを換装した、

SIGMAの14mmを、やっと使うことが出来たね。

そして、あまりに遊び過ぎて、日曜は寝坊。

狙っていた下り始発を撮りそびれてしまった。

やっぱりあまりにもやり過ぎてはイカン。

日曜日も石見川本から江津間で撮影。

とはいえ、寝坊してしまうと、日中は列車が来ない。

で、潮駅で粘ること4時間

夕方もあまり夕焼けにならず、狙った感じにはなってくれなかった。

最後に今回撮りたかったショットを撮って、深夜26:30に帰ってきた。

次は、行けるとして24~25日。

どうなるかな~。

そして、5DsRが、なぜか長時間露光をすると、帯状にノイズが出るので、

入院させてきた。

クッソー。

使い方の問題ではなくて、電気系の故障じゃないかということなんだけど、

50万近い金を払って買って、

2年半で修理に7万するかもと言われると、

少し納得がいかないぞ。

こんなもん初期不良の一環じゃないの?

とにかく、今年は受難の年である。


3月4日

金曜日、何年かぶりに歯医者へ行ってきた。

何だかおしゃれな造りの歯医者だったが、

今や見た目がキレイじゃないと、患者も来ないのだろう。

検索すれば☆がいくつかも出てくるし、

そりゃあまぁ、☆5つと☆1つの医者があれば、

5つの方へ行きたくなってしまうものよね。

前回は型を取って来たので、

今週は、詰めてもらいに行かねばならない。

しかしそこよりも、親知らずに大きな虫歯があるとか。

今から磨いても治らないのか・・・?

抜くのは絶対にご勘弁な偽スナフキンである。

今週は、天気が良ければ三江線でも良いかなーと思っていたが、

金曜日の夜、北陸の天気が良いことが判明。

上手くいけば立山連峰が見えるかもしれん。

気温が相当高めなようだったので、

雪はもう大丈夫かとは思ったが、往復は列車。

ソッコーで予約して、大阪始発のサンダーバードで出発。

富山には10:00前に到着。

まずは雨晴海岸へ。

下り、上りと撮影し、それでも少し納得がいかなかったので、

もう一本下りを待って撮影。

この時、奄美で知り合った夫妻が後ろにいたようで、

Facebookに掲載された写真に我輩が写っていてビビった。

前は岡山へ向かう高速で後ろを走ったことがあるし、

人間、だれとどこで出会うか分からんもんだね。

雨晴海岸は道の駅を作ってて、

あれが完成すれば、より簡単に、

もっと良い構図で撮れるようになるだろう。

どうせ撮り直しになるのだからってことで、適当に終わらせて、

城端線(じょうはなせん)へ

ここは、相当昔と、昨年に来たことがあって、

終点の城端駅は、何とも画になる駅なのだ。

疲れてしまったこともあって、何枚か撮ってイオンへ行って休憩。

夕方、キレイな夕焼けと城端駅を撮って、土曜日は終了。

夜中、城端駅に夜間滞泊している列車と星を撮るべく、

道の駅で寝て駅へ行ってみる。

しかし・・・。

こうこうと明かりが点いていて、星まで撮るには明るすぎた。

残念。

夜明けは雨晴海岸。

しかし・・・。

この辺りで体調が急降下。

背中や顔がピリピリし始めてきた。

これって大概体温が急上昇する前兆。

何枚か撮って退散。

体調は悪かろうと、せっかく来たのだから、帰るまでにやることはやる。

高山線へ向かい、

富山~高山区間で何枚か撮って、

最後、富山地鉄の月岡駅がキレイだったので撮って、

ここで体力の限界に到達。

帰りの列車を3時間も早めて帰ってきた。

そして今に至る。

もう疲れているので寝るよ。

・・・アイスランド旅行記の続きを打つ時間がない。

まぁ気長に待たれい・・・。